【タワーマンション編】「借りる」と「買う」どっちがお得か、徹底比較!

ハイステータスの証であるタワーマンション。100万ドルの東京の夜景が手に入るタワーマンション。誰もが憧れるタワーマンションに住むのであれば、最もお得に住みたいと思うのが本当のところ。しかし一口に「お得」と言っても、一概にお金だけでは判断できないのです。

そこで今回は、さまざまなシチュエーションごとに「借りる(賃貸)」と「買う(売買)」、どちらがお得なのか徹底的に比較していきます。タワーマンションでの暮らしを視野に入れている方は最後までご覧ください。

借りる場合と購入する場合の違いって何?一体どっちがお得なの?

「借りる」と「買う」どっちがお得
東京のタワーマンションに住む方法は、「借りる(賃貸)」を選ぶか「買う(売買)」を選ぶかの2パターンに分けられます。住む限り毎月の家賃を支払い続ける賃貸でも、月々のローン返済はあるものの自分の資産として残るタワーマンションの購入でも、目の前を遮るものがないことにより得られる素晴らしい眺望や、パーティールームやゲストといった日々の生活を豊かにしてくれる共有施設など、タワーマンションならではの恩恵を受けられることには変わりません。

しかしタワーマンションを借りるのと買うのとでは、初期費用や管理費、さらには払わなければいけない税金など、お金に関することが異なるのはもちろん、それ以外にもさまざまな違いがあります。賃貸する場合と購入する場合、それぞれのメリットとデメリットを見ていきながら、どんなライフスタイルを送りたいのか、どんなライフステージにあるのかをしっかりイメージしたうえで、あなたにとってどちらがお得なのか見極めていきましょう。

借りる(賃貸)場合のメリットは「いつでも引っ越せる」「初期費用がかからない」「メンテナンスも必要なし」

賃貸のメリットと言えば、やはりいつでも引っ越せる点でしょう。転勤や近隣住民とのトラブルなどの住環境の変化や、結婚や出産といったライフスタイルの変化に合わせて、好きな立地・間取り・家賃の賃貸物件に移り住むことができます。子どもの人数や教育方針によって、広々した間取りにするのか、はたまた教育費を捻出するために家賃を抑えるのか。あるいは老後のことを考えてあまり贅沢をしないのか。万が一収入が減り家賃を這い続けることが難しくなってしまったときなど、あらゆる条件・状況に対応して自由に住み替えられるのは大きな利点です。

そして最も気になる経済面においては、購入するよりも初期費用が掛からないことが特徴です。必要となる敷金や礼金、引っ越し費用を準備しておけば、あとは実際に引っ越すだけ。ほかにも固定資産税や都市計画税などの税金を払う必要もなく、一度引っ越してしまえば2年に1度の更新料を除き、家賃以外の住居費を支払うことはありません。加えて毎月ローンを払い続けなければいけないという精神的な不安も感じずに済みます。

また、室内の汚れが気になってきたり、建物の老朽化が進んできたと思ったりしたときの対処も簡単。購入した場合は、リフォーム等をし、現在住んでいる物件条件の範囲でカバーをしなければいけませんが、賃貸であれば新たなタワーマンションに引っ越すだけで悩みが根本から解消されます。メンテナンスが必要なく、すぐにまた新たな住まいと快適な住環境が手に入るのはタワーマンションに住み続けていくうえでは、とても重要なポイントです。

借りる(賃貸)場合のデメリットは「資産にならない」「物件のグレードが低い」「リフォームを自由に行えない」

さまざまな土地でライフスタイルに合った暮らしを送りたい、購入した場合のように住宅ローンの返済が必要ないため精神面での負担を軽くした方にとってお得と言える賃貸ですが、やはり賃貸にも大きなデメリットが3つ存在します。

1つめのデメリットは、資産にならないことです。30歳で都内のタワーマンションに住みはじめ、物件は変わるものの80歳まで住み続ける。50年間、毎月家賃を支払い続けても最終的には資産にならず、結局儲かるのはオーナーのみ。物件に住み続ける限り一生家賃を払い続けないといけないため、家賃の支払いと同時に老後の貯蓄も行うとなると、経済的な負担も倍増します。ゆえに老後ライフプランも立てづらく、万が一家賃を払えなくなってしまったときの不安も。高齢になると家賃の支払い能力を危惧されて、新しい物件を借りること自体が拒否されてしまうことも考えられます。

2つめのデメリットは、分譲マンションよりもグレードが劣る点です。一生住み続けるために作られた分譲マンションと、住民の入れ替わりを想定し多くの人に貸し出すために建設された賃貸マンション。構造自体が貧弱だったり防音性が低かったり、設備やセキュリティが頼りなかったりと、快適な住み心地を手に入れたい方にとっては物足りないと感じる部分が出てきます。
しかし、都内のタワーマンションでは、共有部の設備やセキュリティ、各部屋の仕様が充実している物件も多く建設されています。

3つめのデメリットは、部屋のリフォームが行えない点です。退去時には入居前の状態に回復させる「原状回復義務」を負っているため、経年劣化や通常使用によって起こった損傷は問題ないものの、壁に穴をあけたり壁を張り替えたりといったリフォームやリノベーションを気軽に行うことができません。今流行りのDIYを楽しみたいという方にとっても、これは賃貸物件における大きなデメリットと言えるでしょう

買う(売買)場合のメリットは「住環境に優れている」「一生の資産になる」「ライフスタイルに合せたリフォームができる」

ではタワーマンションを購入したほうがお得だと感じるのは、一体どんな人なのでしょうか。買う場合におけるメリットとデメリットを詳しくチェックしていきます。

第1に、建物の構造や住環境が整っている点です。長く住み続けることを想定して作られているため、厚く遮音性の高い壁を設けていたり室内の設備にこだわっていたりと、賃貸よりも建物自体のグレードが高い傾向にあります。また物件を選びで重要視される防音性にも優れており、周囲との騒音トラブルも起こりにくい物件に住みたいという要望も満たされます。さらにタワーマンション購入できるのはある程度の経済的余裕がある人。ルールやマナーを守る住民が多いのはもちろん、住める人が限られてくるタワーマンションだからこそ得られる精神的な安心感もあるでしょう。

そしてなんと言っても、資産になることが購入した場合、最大のメリット。自分自身や配偶者、子どもへの遺産になるのはもちろん、将来売却する際や賃貸として他人貸し出す際など、かけがえのない自分だけの財産を手にすることができるのです。資産価値の下落を心配する方も多いとは思いますが、タワーマンションが交通の便や生活の利便性等に優れた立地のいい物件であればあるほど資産価値が落ちにくく、需要の高い東京のタワーマンションであれば心配することはほとんどないと言って過言ではありません。

所有権が購入者にある物件だからこそ、賃貸ではできない自由なリフォームも可能です。壁紙をはりかえたり畳をフローリングにしたりと、専有部分であれば変更は思いのまま。子どもが巣立ったら、子ども部屋自分のための書斎に変えるのもよし、老後に備えてバリアフリー化させるのもよし、自らの手で住みやすい家を作り上げることもできるでしょう。

買う(売買)場合のデメリットは「初期費用等の金銭的負担」「ローンを払い続ける金銭的・精神的負担」「簡単に住み替えできない」

賃貸に比べて購入する場合の圧倒的なデメリットとなるのが、頭金などの初期費用等の金銭的負担です。支払う頭金によって購入できる物件や、その後のローン返済にかかる金額も変化。20年、30年後の金利も考慮し、頭金はおおよそ15%以上、可能であれば25~30%は用意しておくのが賢いタワーマンションの購入方法です。しかし貯金を全て頭金に当ててしまうと、いざとなったときに対処できなくなってしまいます。手元にある程度の余裕を残せるように、頭金を用意しておきましょう。

加えて住宅ローンを払い続けないといけないという、精神的負担もデメリットの1つに数えられます。ローンを完済したとしても、毎月の管理費や修繕積立金、固定資産税、そして生活スタイルの変化や設備の老朽化によるリフォーム代等も用意しなければいけません。
タワーマンションにおける固定資産税は、平成29年度の税制改正により、住んでいる階層によって変化するようになりました。以前は同じタワーマンションであれば上層階も低層階も同価格でしたが、現在は上層階になればなるほど固定資産税が増え、低層階のほうが減税されます。購入タワーマンションでお得に住みたいのであれば、部屋選びが重要なポイントとなりそうです。さらに、豪華な共有施設があるタワーマンションは、一般的なマンションよりも管理費が高い傾向にあるため、この点も頭に入れておかなければいけません。

金銭面以外のデメリットといえば、やはり簡単には住み替えられない点でしょう。タワーマンションの購入は一生の買い物。よほど金銭的な余裕がある方であれば話は別ですが、一般的な感覚であれば長く住み続けることになるでしょう。転勤等のやむを得ない事情はもちろん、子どもの成長などにより住環境とライフスタイルとに相違がでてきたり、トラブルが起こったりしても、引っ越しするという選択肢を選びにくくなります。

借りる(賃貸)と買う(売買)、両者のいいとこどりの「分譲賃貸」という選択肢も

ここまで賃貸と購入、2タイプの物件をご紹介してきましたが、実はもう1つ、タワーマンションに住む方法として「分譲賃貸」という選択肢があります。

分譲賃貸は、分譲マンションとして建てられた物件を賃貸物件のように借りられる物件です。分譲マンションのクオリティがありながらも気軽に住み替えができる分譲賃貸は、いいとこどりの物件と言えるでしょう。住民の中には分譲マンションとして購入している場合も多く、賃貸よりも住んでいる人のマナーがいいのも魅力です。

分譲賃貸はオーナーによってルールが異なることも

分譲賃貸のデメリットは、マンション全体のルールに加えてオーナーが定めた規約がある場合もあるという点です。ペット可のタワーマンションに住んでいるのにも関わらず、オーナーの意向によりペット不可として貸し出されているケースもあり得ます。またオーナーがプロでない場合も多々あり、設備や近隣トラブルへの対処がスムーズにいかなかったり遅れたりすることもあるようです。さらに同じマンションでも、オーナーによって賃や管理費などの金銭面、さらには内装や設備などが異なる場合も考えられます。

リロケーション物件なら家賃が低くなるかも?しかし入居可能期間は決まっている

分譲賃貸マンションの中には、一般的な借家よりも家賃が低く設定されているリロケーション物件も存在します。転勤などの留守宅を賃貸としているため、家賃を下げることで入居者を確保して家賃収入を効果的に得ています。ただリロケーション物件の場合、オーナーが転勤から戻ってきたときには退去して部屋を明け渡さなければならず、住める期間が限られています。分譲賃貸マンションに住む際には、規約等を隅々まで読み込まないと、余計なトラブルに巻き込まれてしまいますので要注意。とは言ったものの「お得さ」で考えると、リロケーション物件を探してみるのも一案でしょう。

【まとめ】

借りる(賃貸)と買う(売買)、あなたにとってお得なのはどちらの場合でしたか?お得と感じるのは人それぞれです。金銭面での条件だけでなく、独身の方や2人暮らしの方、子どもが小さいうちは賃貸を借り、ある程度子どもが成長したり独立したりしたタイミングで購入するなど、ライフスタイルやライフステージ、求める住環境に合せてお得な方法でタワーマンションに住んでみてくださいね。