家を売る意味ってなに?家を売るか迷っている方へ

家族との思い出がたくさん詰まった愛着のある住み慣れたマイホーム。

そんな大切な家を売るという不動産売却だからこそ、家を売るか迷っている場合には、その意味についてしっかりと考えたうえで納得のゆく決断をするべきであると言えるでしょう。

この記事では、心理的にも金額的にも大きな取引となる不動産売却について、「家を売る意味」に着目して解説してまいりたいと思います。

 

「家を売ったワケ」から見えてくる、家を売る意味

家を売るか迷っている方にとって、後悔の無い決断をするためには「家を売る意味」についてしっかり明確化する必要があります。

しかし、「家を売る意味」と考えるとなんだか漠然としていて、ぼんやりとしたイメージになってしまう方も少なくないことでしょう。

このような場合には、不動産売却の経験者の意見である「家を売った理由」に耳をかたむけてみましょう。

経験を通じて語られるリアルな理由には、不動産売却という大きな取引の決断に至った「意味」が込められています。

 理由①家の買い換えのため

「家を売った理由」として最も多いのが、住む家を買い換えるために元々住んでいたマイホームを売却したという理由です。

買い換えた理由について具体的に探ってみると、

  • 転勤など仕事上の都合で引っ越しが必要となったため
  • 結婚・出産などで家族が増えて、現在の家では手狭になったため
  • より希望に沿った家に住みかえるため

など、ライフスタイルの変化に応じて新たな新居に引っ越すために、不要になった家を売ったという理由が語られています。

これらの理由からは、「新たなライフステージへと移行するために」という、家を売る意味が見えてきます。

住まいも新たに心機一転!というポジティブな意味による不動産売却は、売主の新たな門出を力強くバックアップすることでしょう。

 理由②住宅ローン負担による理由

家を売る理由はポジティブなものばかりではありません。

なんらかの事情によって経済状況が悪化してしまったため、

  • 住宅ローンが払えない
  • 売却益を残りの住宅ローンにあてたい

といった、住宅ローン負担を軽減するために家を売却したという理由もあります。

一見ネガティブな理由に感じられますが、不動産売却によって経済状態の改善を図ることは、地に足の着いた人生を歩むために大きな意味を持つ決断であると言えるでしょう。

また、長期間にわたって住宅ローンを滞納してしまった場合には、競売となってしまい売却価格は大きく目減りしてしまいます。

 

勇気ある賢明な決断は、売主の人生を好転させるために大きな意味を持つことでしょう。

理由③物件が不要であったため

ライフスタイルの多様化や核家族化などの事情によって、相続した家が不要であったため売却するというケースもあります。

すでに購入したマンションにお住まいの方や賃貸派の方には、相続した不動産の維持管理は大きな負担となることでしょう。

将来的にも住む予定の無い家ならば、思い切って売却することによって売主・買い手ともに有意義であると言えるでしょう。

家を売るか迷っている時は、まず何から始めればいい?

ここまでは家を売る意味について、不動産売却の経験者の「家を売った理由」を紐解きながら解説いたしました。

不動産売却の成功は、人生にとって大きな意味を持つことがおわかりいただけたかと思います。

このように、大きな意味を持つ不動産売却だからこそ、売却価格にも妥協することなく満足のゆく取引を成功させたいものですが、不動産知識をお持ちでない方にとっては不動産売却とは非常にハードルが高い取引であると言えるでしょう。

まずは不動産会社の査定からスタート!

家を売ろうか迷っているほとんどの方にとって、不動産売却とは人生にそう何度もある取引では無いことでしょう。

その手続き方法はおろか、「まず最初に何をしたらよいのかわからない?」という方も多いのではないでしょうか?

日本においては一般的に、不動産会社の仲介を通じて買い手を探してもらうこととなる不動産売却。

売却を検討するにあたっては、まずは不動産会社の査定を受けることとなりますが、このとき注意したいポイントとして、

一社の査定で決めるのではなく、必ず複数の不動産会社からの査定を受けるべきである

というポイントがあります。

一括査定サイトで賢い選択を!

家を売るにあたって、「どこに相談していいのかわからないから、近所の不動産会社に決めた」という決断は危険であると言えるでしょう。

一社の査定だけでは、不動産の適正な価値からはかけ離れてしまっている可能性が否めません。

現在では、インターネット上にある「不動産の一括査定サイト」を利用することで、ご自宅からもカンタンに同時に複数の不動産会社からの査定を受けることができます。

複数業者の査定を比較することによって、物件本来の適正価格が見えてきます。

大切な家の価値を正しく見極めより高く売るためには、複数業者の査定を受けることは非常に重要なポイントとなります。

また、不動産会社にはそれぞれ特徴があります。

物件のあるエリアにおける販売実績や、担当営業マンの力量や人柄をしっかりと吟味し選ぶためには、やはり一社のみの査定では不十分であると言えるでしょう。

大切な家を売るからこそ、安心して任せることができる不動産会社を選ぶことが大切です。

一括査定サイトを利用して、複数の不動産会社を比較しながら賢い選択をしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、「家を売る意味」に着目しながら不動産売却について解説いたしました。

家を売ることを考えはじめたら、「家を売る意味」についてしっかり明確化することで、後悔の無い判断を導き出すことができると言えるでしょう。

また、実際に家を売ることを迷っている場合には、「不動産の一括査定サイト」を通じて複数社の査定を比較することで、適正価格を見極めた上での賢い選択ができることがわかりました。

 

人生のビックイベントとなる不動産売却の成功は、その後の人生に大きな意味をもたらすことでしょう!