なるべく高い価格で家を売るにはどうしたらいい?

なるべく高い価格で家を売るには、良い不動産会社で公告を出して販売する、もしくは、欠損や破損している部分をリフォームして販売するなどすれば現状よりも高い値段で不動産を売却することが出来るようになります。

家を売る時には購入した価格よりも査定金額は下がりますが、メンテナンス次第では高値で買い取りをしている業者もあるので複数の業者に見積りに出すことも大切です。

基礎的な補修などをしていないと購入した金額の半分以下の金額での査定金額に

家を売る際には価格画下がる要因として、基本的に不動産の築年数やダメージ等で不動産の査定金額は下がります。査定金額は欠損やダメージが多い物件は大幅に金額が下がります。

災害などによって致命的なダメージを受けている物件は不動産会社の査定金額が大幅に下がるために、基礎的な補修などをしていないと購入した金額の半分以下の金額での査定金額となることも少なくありません。欠損やダメージが多くの箇所に見られる物件は大幅に価格が下がる可能性もあります。

最低限のリフォームや補修

なるべく高い金額で自宅を売したい方は、まずは既存の家の状態を確認、メンテナンスをして最低限のリフォームや補修をしておくことで高い金額で売却が可能となるケースもありますが、売却なので大金を費やす必要はありません。

査定のためにお金をかけすぎるのも注意が必要です。査定は立地、間取り、構造、などを見て審査をします。できるだけ多くの不動産会社に査定に出して補修やリフォームにお金や時間を費やしすぎないようにしましょう。

不動産会社の見積金額について

家の査定は車の査定と同じく欠損があればマイナスのポイントとして換算され、またプラスになるような査定もあります。

築30年の家でも土台がしっかりしていて欠損部の補修、また内装をリフォームしている場合、実際に現状のまま査定に出すよりも高い金額で売却を検討することが出来るようになります。

不動産会社を見極める

近年は各地域に多くの不動産会社がサービスを運営していますが、不動産会社の査定は各業者ごとに値段も異なり、中には査定金額を低く見積りしてくる業社も少なくありません。

不動産会社の手数料を確認

不動産を売却する際には各種のサービスの利用料や不動産会社への手数料もかかります。そのため、経費などをすべて計算して売却を検討しないと後に受け取る金額が少なくなるケースもあります。不動産会社の手数料は業者ごとに異なります。

そのため業者選びが重要とも言えます。手数料が高い、または対応が悪い不動産会社には委任しないで査定の際の相談等が可能で、審査のポイントなども細かく說明をしてくれる不動産会社に委任するようにしましょう。

複数社にまとめて審査に出す

複数社にまとめて審査に出すことで手間も省け、一度で複数の審査金額を知ることができ、平均的な金額も理解することが出来るので便利です。不動産の査定金額は業社によっては数十万円以上の差が出ます。そのため、高く売却を検討している方はできるだけ多くの業者に相談して、また時間をかけながら売却を検討していくことが大切です。

プロの掃除屋、ハウスクリーニングに依頼

プロの掃除屋、ハウスクリーニングに依頼することで壁紙の黄ばみや細い場所の汚れ、水回りなどを掃除してきれいな状態にしてから審査をしてもらうと好印象で、汚れなどが原因で家の価値が下がることもなく、きれいな状態ならば高値で売却をすることが可能です。

高値での売却を希望するならば、それなりの期間を設ける必要があります。しかし、早く売りたい方は値段を下げて売ります。高値で売却をするならば時間をかけて売却を検討することが大切です。

高値で売却をするならば

高値で売却をするならば、できるだけ多くの広告を出すことが重要です。今、現在売却中だという広告を各不動産売買のサイトやサービスに登録して、買い手を見つけるためにリーチ数をあげる必要があります。

また、複数の不動産売却サービスを利用することで、希望金額で物件を売却することが出来るようになります。物件を探している人の目につきやすい様に配慮することも大切です。ネットを利用して日本全国から物件を検索して売却交渉が可能なサービスは、買い手と売り手を合理的に見つけることが可能で、不動産売却をスムーズに進めるのに役立ちます。

まとめ

家を売る際の査定価格は不動産会社によって異なります。できるだけ多くの不動産会社に査定をしてもらい金額を確認しておきましょう。

出来るならばプロの掃除屋、ハウスクリーニングに依頼して壁紙の黄ばみや細い場所の汚れ、水回りなどを掃除するなどしてから審査に出す。また、大きな欠陥も修復してから査定に出すなどして配慮しておきましょう。高値で売却をするならば日頃のメンテナンスも重要です。